新築、中古マンション、中古一戸建て、土地、不動産の購入、売却はミツバハウジング

0120-279-328

営業時間 9:00~20:00 火曜・水曜定休

お問合せ 当社案内図

ホーム > 住活コラム > 不動産会社に査定依頼をするときの注意点は?査定価格がバラバラな理由も解説します!

住活コラム
不動産会社に査定依頼をするときの注意点は?査定価格がバラバラな理由も解説します!
お住い探し
住宅ローン

不動産会社に査定依頼をするときの注意点は?査定価格がバラバラな理由も解説します!

不動産の査定依頼をした時に、不動産会社によって査定価格がバラバラなことがあります。同じ物件なのに不思議ですね。バラバラな理由も気になりますし、どの査定価格を信じたらよいのか分からなくなることもあるでしょう。

この記事では不動産会社に査定依頼をするときの注意点や査定価格がバラバラ理由、不動産会社に査定依頼をするときの注意点などを解説します。

——————–
【目次】

——————–

1. 不動産査定の依頼方法は2つ

まずは、不動産査定の依頼方法から説明しておきたいと思います。

不動産査定には「机上査定(簡易査定)」と「訪問査定」の2種類があります。
それぞれの特徴は以下のとおりです。

机上査定…実際に不動産を見ずに、物件概要などから簡易的に査定する方法。
訪問査定…実際に不動産を見て査定する方法。

机上査定は不動産会社に来て欲しくはないけど、とりあえず査定価格を知りたいという方向けの方法です。結果が出るまで早いので気軽さが魅力ではありますが、訪問査定よりも査定価格が不正確になりやすいので注意が必要です。一社だけに机上査定をお願いして契約を決めてしまわないようにしてください。

一方、訪問査定は実際に不動産会社が現地に来て調査を行うので、より正確な査定価格を知ることができます。デメリットは特にありませんが、机上査定よりも査定価格が出るまで時間がかかる(1~2日後、遅くとも1週間以内)ので、とりあえずざっくりでもいいから査定価格を知りたい方には遅く感じるかもしれません。

 

2.不動産査定の流れ

不動産査定は、一般的には以下のような流れで行います。

1.机上査定か訪問査定か決める
2.(訪問査定の場合)不動産会社に査定依頼する
3.不動産会社に現地調査をしてもらう
4.査定価格が出る

不動産査定の日程は、日当たりや周辺環境などが分かりやすい昼間に行うのがベストです。査定にも響く可能性があるので、できるだけ物件が魅力的に見える時間帯に現地調査をお願いしましょう。

 

3.不動産会社によって査定価格が違うのはなぜ?

さて、当記事の本題です。同じ不動産なのに不動産会社によって査定価格がバラバラなのはなぜなのか考えていきましょう。

 

1.会社によって判断基準や実績が違うため
不動産会社が査定を行う時は、公益財団法人(不動産流通推進センター)が定めた「価格査定マニュアル」を利用します。

大手の不動産会社は独自のマニュアルを利用することもありますが、その場合もこの価格査定マニュアルをベースに作成されていることがほとんどです。同じマニュアルを利用していても、なぜ不動産会社によって査定価格がバラバラなのかというと、会社によって判断基準や実績が違うからです。

たとえばマンションの査定をする場合、同じマンション内で成約事例があればその事例と比較する方法が一般的な方法なので、どの不動産会社でも査定価格にさほど差は出ません。しかし、別のマンションから成約事例を選ぶ場合は、会社や担当者の判断によって査定価格に差が出てしまいます

 

2.高い査定価格を提示することで契約を取りたい会社もある
自社に売却を任せてもらうために、相場よりも高い査定価格を提示してくる不動産会社も存在します。

不動産会社は、仲介手数料で利益を得ているので、成約に至らなければ仲介手数料は請求できません。そのため、すぐ売れそうな人気エリアに建つマンションや一戸建てに査定依頼が入った場合は、何とか自社で売却を任せてもらおうと相場よりも高い査定価格を提示してアピールしてくる不動産会社もいます。

不動産会社は、他社の査定価格を予想しながら査定をします。相場を分かっていながらわざと高い査定価格を提示するのです。つい高い査定価格の会社に売却を任せてしまいたくなりますが、後悔するだけなのでおすすめはしません。

 

4.査定価格が高い不動産会社を選んではいけない理由

高額査定をされたら「もしかしたら本当にこの価格で売ってくれるのかも。大手不動産会社だし!」と期待してしまうのが人情だと思います。

しかし、前項でも説明したとおり、不動産会社の中には売却を任せてもらうために戦略的に高額査定をしてくることがあります。絶対に後悔していただきたくないので少々厳しいことをいいますが、高額査定をしてくれたのは不動産を高く評価してくれたからではなく、売却を委託してもらいたいからです。

もちろん、成約に至らなければ不動産会社は仲介手数料を請求できないので、物件を売るために努力はしてくれます。媒介契約を結んでから「やっぱりこの査定価格だと高いのでもう少し下げた価格で売り出しましょう」と言われて結局は相場に近い価格で売り出すという流れになるはずなので、それならそれで売ってくれさえすれば問題はないでしょう。

厄介なのは、提案力に欠けている不動産会社にあたってしまった場合です。

適正な売り出し価格の提案もしてくれず、相場よりも高い価格で売り出したらどうなると思いますか?答えは簡単です。売れ残ります。相場からかけ離れた高い価格なら、なかなか買い手はつきません。

結果的に売れたとしても相場よりも安い価格で成約となったり、売れるまで時間がかかってしまったりする可能性は高くなります。最初から適正価格で売り出していたらスムーズに売却できたのにもったいないですよね。

以上が相場よりも高い査定価格を提示してくる不動産会社を選んではいけない理由です。次項では不動産会社に査定依頼をするときの注意点を解説します。

 

5.不動産会社に査定依頼をするときの注意点

ここでは、査定依頼をするときに注意しておきたいポイントを解説します。

1.査定依頼する前に自分で相場を調べておく
あらかじめ自分で相場を調べておかないと、不動産会社が提示した査定価格が適正であるか判断がつきません。

先に説明したとおり、自社に売却を任せてもらうために相場よりも高い査定価格を提示してくる不動産会社もいます。その金額で売れるという保証はなく、むしろなかなか買い手がつかず売れ残る可能性が高いでしょう。

もちろん、不動産会社も売れ残したいわけではないので、査定価格よりも価格を下げて売り出すことを勧めてくると思いますが、そんな無駄なことをする不動産会社よりも最初から適正価格を提示してくれる不動産会社と媒介契約を結びたいですよね。相場が分かっていれば、不動産会社が提示した査定価格が適正なのか判断できますので、査定依頼をする前に必ず相場を調べておきましょう。

自分で相場を調べる方法についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

【不動産売却】家の相場を自分で調べる方法と売り出し価格を決めるときの注意点

 

2.複数の不動産会社に依頼する
査定依頼を1社に絞ってしまうのはおすすめしません。ライバルがいないので査定価格を低く提示されてしまうことがあるからです。

そもそも不動産には「定価」という概念はなく、不動産会社が持つ相場感や実績や不動産市場の変化によって査定価格は異なります。そして、査定価格はあくまでも不動産会社がいくらで売れるかを目安にした数字なので、必ずしもその価格で売りに出さなければいけないルールはないのです。

大手不動産会社だからといって確実に希望とおりの価格で売れるとも限らないので、売りたい物件によっては地域密着型の不動産会社も検討しましょう。

こちらの記事もぜひご一読ください。
不動産会社によって査定額がバラバラなのはなぜ?【高額査定の意図】

 

3.相場よりも2割以上査定額が高い会社には注意する
査定価格は一律に定まるものではないといっても、相場よりも2割以上査定価格が高い不動産会社は選ぶべきではありません。

自分で相場を知っておき、複数の不動産会社に査定依頼をすると「これはどう考えても高すぎる」と驚くような高額査定を提示してくる会社にあたることがあります。その時点でその会社は候補から外すべきですが、どうしても気になる場合はなぜこんなに査定価格が高いのか理由を聞いてみてください。その理由が納得できるものであれば検討してもよいですが、営業トークに流されてしまわないようにご注意ください。

 

4.実績のある不動産会社を選ぶ
「提案力」「集客力」「販売力」この3つが揃っている不動産会社を選ぶことがベストです。

まず「提案力」ですが、不動産の適正価格を提示できるかどうかを見ます。提案力のある不動産会社なら、過去の売却データの相場をベースに、専門スタッフの知識、市場の変化を加味した上で適正価格を提示してくれるはずです。

次に「集客力」ですが、これは売却の販売活動のことです。中には物件情報を広く公開せず、自社の顧客の中だけで成約を果たそうとする不動産会社も存在しますが、その場合はなかなか買い手が見つかりません。売却活動はいかにたくさんの方に物件情報を目にしてもらえるかにかかっています。SUUMOやHOME’Sなどの不動産ポータルサイトの活用、ポスティングチラシやSNS広告、店頭展示など幅広い媒体に販売活動をしてくれる「集客力」がある不動産会社を選びましょう。

最後に「販売力」です。これは簡単に言うと営業マンの売る能力です。どんなに魅力的な不動産でも営業マンの力が弱ければ、売れる物も売れません。

中古物件を探している方は、少なからずどこか欠陥やネガティブな理由ではないか疑う気持ちを持っています。離婚による売却は珍しくはないですが、縁起をかつぐ買主もいるでしょう。そういったネガティブな理由での売却を成約に持っていける販売力がいる不動産会社は強いです。

この3つの力を持った不動産会社を探すのは容易ではないかもしれませんが、早く高く売るためには重視していただきたいポイントです。手前味噌にはなりますが、ミツバハウジングはこの3つの力を持ったスタッフが揃っています。下にスクロールしていただくとお問い合わせフォームがございますので、まずは相談したいという方もお気軽にお問い合わせください。

 

6. まとめ

高額査定に惹かれてしまうお気持ちも分かりますが、価格や不動産会社のネームバリューだけで判断しないようにしましょう。

ミツバハウジングでは、「マーケティング&広告専門チーム」が適切な媒体に販売活動を仕掛け、圧倒的な集客を行い、売主様の大切な物件を魅力的にPRします。「結局自社の宣伝か」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それだけ自信があるので何度でもアピールさせてください!

わざと相場よりも高い差低価格を提示するようなことはありません。販売力のある営業マンが売主様に代わり、売却をスムーズに進めさせていただきます。すでに売却することが決まっている方も、今すぐではないけれど検討されている方も大歓迎です。住み替えのご相談も随時承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

[この記事を読んだ人は、こんなセミナーに参加しています]


≫ 詳細・ご予約はコチラ