新築、中古マンション、中古一戸建て、土地、不動産の購入、売却はミツバハウジング

0120-279-328

営業時間 9:00~20:00 火曜・水曜定休

お問合せ 当社案内図

ホーム > 住活コラム > 品川駅まで電車で30分以内の『中古マンション価格が安い駅』ランキング

住活コラム
品川駅まで電車で30分以内の『中古マンション価格が安い駅』ランキング
お住い探し
税金・制度

品川駅まで電車で30分以内の『中古マンション価格が安い駅』ランキング

株式会社リクルートが運営するニュースサイト「SUUMOジャーナル」で、品川駅まで電車で30分以内の『中古マンション価格が安い駅』ランキングがリリースされました。そこで当コラムでもご紹介したいと思います。

——————–
【目次】

——————–

1. 品川駅ってどんな駅?

品川駅は、JR山手線・JR東海道本線・JR京浜東北線・根岸線・JR横須賀線・JR常盤線・JR東海道新幹線・京急本線の7路線が乗り入れる巨大ターミナル駅です。夜行バスの発着場もあるので、昼も夜も人の動きが多い駅です。

また、羽田空港へのアクセス拠点でもあり、2027年にはリニア中央新幹線の駅開業も計画されているほか、東京メトロ南北線白金高輪~品川間の延伸計画の素案も公表されました。

そんな品川駅はオフィス街としても有名で、お住まい探しをする際に「品川駅まで電車で30分以内」を条件としている方もたくさんいらっしゃいます。駅周辺には「アトレ」や「wing」という商業施設があり、買い物にも便利な場所です。

 

2.品川駅まで電車で30分以内の『中古マンション価格が安い駅』ランキング

「品川駅まで電車で30分以内の駅なんて高くて買えない!」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

不動産の価格が高騰している中、新築だけではなく中古の価格も高騰していますが、価格が安い駅もあります。今回は中古マンションに絞ってご紹介をしたいと思います。

品川駅まで電車で30分以内の価格が安いシングル向け中古マンション
(専有面積20平米以上~50平米未満)

順位 駅名 価格相場 乗り換え回数
1位 石川町 1790万円 JR京浜東北・根岸線/神奈川県横浜市中区/28分/1回
2位 生麦 2080万円 京浜急行本線/神奈川県横浜市鶴見区/26分/2回
3位 神奈川 2479.5万円 京浜急行本線/神奈川県横浜市神奈川区/24分/1回
4位 京急鶴見 2480万円 京浜急行本線/神奈川県横浜市鶴見区/21分/1回
5位 黄金町 2499万円 京浜急行本線/神奈川県横浜市南区/29分/1回
6位 鶴見 2530万円 JR京浜東北・根岸線/神奈川県横浜市鶴見区/16分/1回
7位 西馬込 2580万円 都営浅草線/東京都大田区/19分/1回
8位 関内 2599万円 JR京浜東北・根岸線/神奈川県横浜市中区/26分/1回
9位 大森海岸 2655万円 京浜急行本線/東京都品川区/12分/0回
10位 日ノ出町 2680万円 京浜急行本線/神奈川県横浜市中区/27分/1回

 

シングル向けの中古マンションランキングの1位はJR京浜東北・根岸線の石川町駅です。石川町駅から品川駅に行くには、横浜駅でJR東海道本線に乗り換え1回で着きます。所要時間は約28分です。石川町駅から「石川町商店街」を抜けて「元町ショッピングストリート」方面に徒歩10分程歩くと、みなとみらい線の元町・中華街駅も利用できます。山下公園や中華街にも近いですし、商店街やスーパー、コンビニ、ドラッグストアもあるので買い物には困りません。この立地で価格相場が1790万円。2千万円切っているのも驚きです。

次に、ランキング内で次に注目していただきたいのは、京浜急行本線の駅の多さです。なんと6駅もランクインしています。2位の生麦駅は品川駅まで乗り換え回数は2回になりますが、1位の石川町よりも2分早く品川駅に着きます。生麦駅は駅の東側に小さな商店街がありますが、それ以外は閑静な住宅街で比較的治安がよい駅です。特に悪い面もないのに2080万円という価格の安さは魅力的ですね。

3位の神奈川駅、4位の京急鶴見駅、5位の黄金町駅は価格相場が2400万円台になり、9位の大森海岸駅、10位の日ノ出町駅になると2600万円台にまで価格が高くなりますが、品川駅まで乗り換えなしか1回で行けるアクセスの良さを考えるとランクインしているのも納得ですね。

 

品川駅まで電車で30分以内の価格が安いファミリー向け中古マンション
(専有面積50平米以上~80平米未満)

順位 駅名 価格相場 乗り換え回数
1位 生麦 3185万円 京浜急行本線/神奈川県横浜市鶴見区/26分/2回
2位 保土ケ谷 3280万円 JR横須賀線/神奈川県横浜市保土ケ谷区/24分/1回
3位 浜川崎 3380万円 JR南武線/神奈川県川崎市川崎区/27分/2回
4位 津田山 3430万円 JR南武線/神奈川県川崎市高津区/29分/1回
5位 花月総持寺 3480万円 京浜急行本線/神奈川県横浜市鶴見区/25分/2回
6位 小田栄 3580万円 JR南武線/神奈川県川崎市川崎区/25分/2回
7位 子安 3630万円 京浜急行本線/神奈川県横浜市神奈川区/28分/2回
8位 神奈川新町 3639万円 京浜急行本線/神奈川県横浜市神奈川区/22分/0回
9位 天王町 3790万円 相鉄本線/神奈川県横浜市保土ケ谷区/28分/1回
10位 西横浜 3900万円 相鉄本線/神奈川県横浜市西区/26分/1回

 

続いてファミリー向けのランキングです。平米数が広くなるので、シングル向けよりも価格相場は高くなります。1位はシングル向けでもランクインしていた生麦駅です。駅の特徴については前途のとおりですが、価格相場は3185万円。マンション価格が高騰している中、3千万円前半の価格は嬉しいですね。

2位はJR横須賀線の保土ヶ谷駅。品川駅までの所要時間は、JR横須賀線なら乗り換えなしの約27分で行けますが、1駅隣の横浜駅でJR東海道本線に乗り換えれば所要時間約24分。どちらにしても品川駅まで30分以内で行けます。湘南新宿ラインを利用すれば、渋谷や新宿、埼玉の大宮方面まで直通でアクセスできるので、普段電車で移動が多い方には便利な駅かと思います。

3位はJR南武線の浜川崎駅で価格相場は3380万円となります。浜川崎駅は貨物列車の駅でもあるため、あまり知名度が高くない駅かもしれませんが、だからこそ狙い目でもあります。品川駅までは、まずは尻手駅でJR南武線に乗り換えて川崎駅まで行きます。川崎駅からJR東海道本線で1駅、浜川崎駅から計約27分で品川駅に着きます。

浜川崎駅の北側に住宅街があり、駅から10分ほど歩くとショッピングモールやホームセンターなどがあります。小学校や公園などもあるのでファミリー向けの地域ですが、細かくいえばショッピングモールや小学校があるエリアは6位にランクインしている小田栄駅が近いのですが、小田栄駅の価格相場は3580万円。浜川崎駅よりも200万円高くなってしまいます。住宅ローンの200万円はかなり大きいので、強いこだわりがなければ価格相場を下げて浜川崎駅を選択する方が得策のケースもあります。

その他、相鉄本線も2駅ランクインしていることにもご注目いただきたいです。9位の天王町駅、10位の西横浜駅西横浜駅は横浜駅からもすぐで、品川駅までのアクセスもよく、人気の駅です。天王町駅は「ハマのアメ横」と呼ばれる「洪福寺松原商店街」があり、買い物には困りません。また、小学校や公園も多いので子育て世代にはピッタリのエリアです。

さらに天王町駅から徒歩10分ほどの場所に「イオン天王町ショッピングセンター」が2022年秋に開業予定、天王町駅~隣接する星川駅間の全長約1.4kmにわたる高架下空間の開発(2022年冬に開業予定)とのことなので、これからますます便利になり、価格相場も今後上がるかもしれません。

 

 

3.中古マンションのメリットデメリット

ここまで品川駅まで電車で30分以内の『中古マンション価格が安い駅』ランキングをご紹介してきましたが、中古マンションに抵抗がある方も少なくないかもしれませんので、中古マンションのメリットデメリットも併せて解説したいと思います。

 

1.中古マンションのメリット
中古マンションのメリットは、価格の安さだけと思われがちですが、実はそれだけではないのです。

・新築よりも選択肢が多いので、希望の立地で見つかる場合が多い。
・購入前に眺望や日当たり、管理状態や修繕履歴などが確認できる。
・新築に比べると価格が安く、購入後の価格下落幅が小さい。
・物件価格が安い分、リフォームや家具にお金をかけられる。
・適用要件を満たせば税制面での優遇制度(住宅ローン控除)を利用できる。
・売主が個人の場合、消費税がかからない。

 

新築を建てられる土地は限られています。良い土地にはすでに家が建っていることがほとんどなので、新築から選ぶ場合は選択肢が狭まりますし、どうしても新築がいい!という場合は妥協も必要になります。

新築の数よりも中古の数の方が圧倒的に多いので、希望条件が多い方やこだわりが強い方は中古の方が希望に近い物件が見つかりやすいでしょう。

価格が安い分、リフォームやリノベーション、おしゃれな家具にお金をかけてもよいですね。新築は完成まで家の中を確認できないので暮らしているイメージがつきにくいですが、中古は購入前に家の中や日当たりなどを確認できるので安心感もあります。

そして、気になるのが資産価値。新築は、要件を満たせば固定資産税の軽減措置を利用できるため、物件取得時当初は中古よりも新築の方が固定資産税は安くなります。(新築マンション5年間・新築一戸建て3年間)

新築は軽減措置で減額されるので「新築は固定資産税がずっと安い」「中古は固定資産税が高い」という勘違いをされている方が多いのですが、新築の固定資産税が安いのは、あくまでも軽減措置の適用期間だけです。かといって中古がお得というわけではありません。資産価値や固定資産税の仕組みを理解した上で新築か中古か選択することをおすすめします。

 

2.中古マンションのデメリット
続いて、中古マンションのデメリットです。

・好立地の物件は新築よりも価格が高い場合もある。
・購入時の諸費用が物件価格の5〜8%かかる。
・仲介手数料がかかる。
・築年数や管理状態によっては躯体構造が劣化している可能性がある。
・オートロックや監視カメラがない物件もある。
・経過と共に修繕積立金が高くなる傾向にある。
・適用条件を満たしていない場合は、住宅ローン控除などの優遇制度を利用できない

 

中古マンションは、住宅ローン控除が利用できるのかが気になっている方が多いのではないでしょうか。令和4年度税制改正されたことにより、住宅ローン控除の内容は変わりました。中古住宅を購入して住宅ローン控除を利用した場合の最大控除額は、改正前が200万円、改正後は140万円に縮小されました。詳しくは以下の記事で解説していますので、ご一読ください。

【2022年最新】住宅ローン控除の基礎知識

また、仲介手数料の有無も気になりますよね。新築マンションは仲介する必要がないので仲介手数料はかかりませんが、中古マンションは仲介手数料が必要です。こちらも詳しくは以下の記事をご一読ください。

仲介手数料とは?「仲介手数料無料」の仕組みについても解説!

 

4. まとめ

今回は品川駅まで30分以内で着く、価格相場が安い中古マンションランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか?記事内でも解説しましたが、中古マンションは新築よりも物件の選択肢が多いので希望条件が多い方は検討されてみてはいかがでしょうか。新築、中古どちらが良いか迷ったらミツバハウジングまでお気軽にお問い合わせください。

 

[この記事を読んだ人は、こんなセミナーに参加しています]


≫ 詳細・ご予約はコチラ