新築、中古マンション、中古一戸建て、土地、不動産の購入、売却はミツバハウジング

0120-279-328

営業時間 9:00~20:00 火曜・水曜定休

お問合せ 当社案内図

ホーム > 住活コラム > 年収300万円で家を買うには自己資金はいくら必要?住宅ローンを組む時のポイントも解説します!

住活コラム
年収300万円で家を買うには自己資金はいくら必要?住宅ローンを組む時のポイントも解説します!
お住い探し
住宅ローン

年収300万円で家を買うには自己資金はいくら必要?住宅ローンを組む時のポイントも解説します!

 

当コラムでは、何度か「年収300万円で家を買えるのか」をテーマに解説をしているので、結論から先にお伝えすると、年収300万円でも家は買えます。ただ、買えるには買えるのですが、自己資金や借入可能額について注意点がいくつかあります。

そこで今回の記事は、年収300万円で家を買う時の自己資金や借入可能額、住宅ローンを組む時のポイントなどを解説します。

——————–
【目次】

——————–

1. 年収300万円で家を買うには

まずは、年収300万円で家を買うには自己資金はいくら用意しておけばよいのか、いくらまで融資してもらえるのか、月々の返済額はおおよそいくらになるのか、気になる点をおさえておきましょう。

1.自己資金はいくら必要?
最近は頭金ゼロのフルローンで家を購入する人が増えていますが、いくらフルローンであっても、自己資金がゼロだと家を購入することは難しいです。

自己資金はいくら用意すればよいのか考える時は、家を購入する時の諸費用が関係してきます。今回の記事では詳細は省きますが、家を購入するときに必要な費用は下記のようなものがあります。

売買契約で必要な諸費用
手付金
・仲介手数料
・登記登録免許税
・登記登録手数料
・固定資産税清算
印紙代

住宅ローンの契約で必要な諸費用
・融資手数料
・住宅ローン保証料
★印紙代
・団体信用生命保険料
・火災保険料

その他
・引っ越し費用
・家具家電費用

これらはどれも重要な諸費用ではありますが、住宅ローンに組みこむことも可能です。ただ、★がついている、手付金と印紙代は現金で必要です。印紙代は数万円ですのでそれほど困らないですが、問題は手付金です。

売買契約時に売主に支払うお金のことで、売買代金の一部にあてられます。別途必要なお金ではなく物件価格の一部を先に現金で支払う仕組みになっています。

手付金の金額は売主と買主の合意によって決まるので法的な決まりはありませんが、相場は物件価格の5~10%とされており、100万円以上かかるケースが一般的です。手付金がなければ売買契約を結べません。

自己資金として最低限用意しておきたい費用は、「万が一の時の貯金」や「将来のための貯金」など、細かく言えばもっといろいろありますが、手付金だけは絶対に用意しておいてください。

 

住宅購入時の諸費用についてはこちらの記事も参考にしてください。
家を購入する時の「諸費用」について

フルローン、手付金は不要?戻ってくるの?住宅購入時のお金のお話

 

2.返済負担率は30%で計算することが多い
返済負担率とは、住宅ローンの返済を年間でいくら充てるかを示した割合のことです。

返済負担率は、「年収の何割を住宅ローンの返済に充てられるか」を算出します。そのため、住宅ローンの返済額は住宅ローン以外の借入も全て含まれます。たとえば、クレジットカード、キャッシング、スマートフォンの分割払いなども対象です。

多くの金融機関では、返済負担率を年収400万円未満は30%まで、400万円以上35%を限度としています。

 

3.借入可能額の計算方法
住宅ローンの借入可能額を式にすると、以下のようになります。

借入可能な金額= 年収×返済負担率÷12ヶ月(A)×100万円

 

表1:借入可能な金額の速算式(A)

金利 返済期間20年 返済期間25年 返済期間30年 返済期間35年
1.0% 4,599 3,769 3,217 2,823
1.5% 4,826 4,000 3,452 3,062
2.0% 5,059 4,239 3,697 3,313
3.0% 5,546 4,743 4,217 3,849
3.5% 5,800 5,007 4,491 4,133

 

たとえば、金利が1.0%、審査返済負担率30%の場合は、返済期間35年間だと表1の金額(A)は2,823円になります。

ここから上記で紹介した計算式に当てはめて、年収300万円の借入額を算出してみましょう。

年収300万円×0.3÷12÷2,823×100万円=26,567,481円 となるので

約2,500~2,600万円前後が借入限度額となります。

借入先や金利によって、もっと多く借りられる場合もありますが、決して無理はしないようにしてください。

 

4.月々の返済額は75,000円までが上限
月々の返済上限額は、以下の式で計算します。

返済上限額(月々)=年収 × 返済負担率 ÷ 12

以下の表は、フラット35の返済負担率です。

年収 400万円未満 400万円以上
返済負担率(上限額) 30% 35%

この返済負担率に当てはめた場合、年収300万円の人が無理なく返済できる月々の返済額は75,000円となります。

 

2.住宅ローンを組む時のポイント

次に、年収300万円の人が住宅ローンを組む時のポイントを解説します。

 

1.審査で重要視されるのは年収だけではない
多くの金融機関では、200~400万円を住宅ローンの審査の最低年収としています。

ただし、住宅ローンの審査は年収が高ければ審査に通るというものではなく、借金がある方、クレジットカードをたくさん保有している方、過去5年以内に支払いの延滞がある方などは、たとえ年収が高くても審査に落ちることがあります。

審査基準は金融機関によって異なりますが、一般的に審査で重視される点は下記のとおりです。

年齢 完済時の年齢が80歳未満であること
健康状態 団体信用生命保険に加入できる健康状態であるか
勤務形態 派遣社員や自営業は審査に通りにくいこともある。
勤続年数 1年~3年以上
年収 最低年収200~400万円以上
返済負担率 返済負担率に無理がないか
他の借入はないか 借金やキャッシングがないか、支払い遅延の記録はないか、過去5年間に遡って調査される

 

住宅ローンを利用するには、年収も大切ですが、同時に年齢と健康状態も審査を受ける上で重要なポイントになっています。いくら年収が多くても、ローン完済時の年齢が80歳以上になるほどの高齢の人や健康状態が良くない(団体信用生命保険に加入できない)場合は融資を受けられないこともあります。

住宅ローンを利用するには団体信用生命保険の加入が必須条件ですし、高齢になると収入面でも不安があります。45歳で35年の住宅ローンを組んだとして、完済時は80歳です。働き盛りの35歳で組んだとしても完済時は70歳。定年退職後はどうやって住宅ローンの返済をしていくのかが課題となります。高齢であればあるほど金融機関からの審査の目は厳しくなるかもしれません。

住宅ローンの審査についてはこちらの記事も参考にしてください。

住宅ローンの事前審査で落とされる理由【対策も紹介します!】

住宅ローンの本審査に落ちる確率は5%!?審査に落ちる人の特徴

 

2.キャッシングや借入がある場合は要注意
先に説明しましたが、返済負担率を計算する時は、住宅ローンの返済額だけではなく、他の借入、クレジットカードのキャッシング枠、リボ払い、自動車ローン、スマートフォンの分割払い、奨学金などの借入も含まれます。

返済負担率は年収の何割を住宅ローンの返済に充てられるのかを表した数字です。住宅ローンの返済額に加えてキャッシングや借入も返済しなければならないとなると、住宅ローンの返済に充てられる金額が少なくなるので、審査に通りにくくなります。

特に要注意なのが個人信用情報に「異動」の記載がある人。所謂ブラックリストです。残念ながら住宅ローンの審査には通りません。過去5年間にさかのぼって審査しますので、過去にクレジットカードの返済遅延をした記憶がある方は個人信用情報を取り寄せ、「異動」の記載がないか確認することをおすすめします。

自分の個人信用情報は「信用情報機関」に500円~1,000円ほどの手数料を支払えば取り寄せられます。信用情報機関は、銀行系・カード系・消費者金融系の3種類あり、各取り寄せ方法と手数料は下記のとおりです。

 

◎銀行系…全国銀行個人信用情報機関(JBA)
・JBAのHP上から郵送請求可能。
・請求手数料は1,000円(税込)

 

◎カード系…株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・郵送、窓口、インターネット請求が可能
・窓口の場合は手数料500円(税込)
・インターネットや郵送の場合は手数料1,000円(税込)

 

◎消費者金融系…株式会社日本信用情報機構(JICC)
・郵送、窓口、インターネットから請求が可能
・窓口の場合は手数料500円(税込)
・インターネットや郵送の場合は手数料1,000円(税込)

 

3.頭金がなくても住宅ローンは組める
かつての銀行は、融資可能な金額が物件価格の8割とされていたため、2割の頭金がないと融資してくれませんでした。

つまり、2割の頭金がないと住宅ローンを利用できなかったのです。それも今は遠い昔の話。頭金2割どころか、頭金なしのフルローンで家を買う人も少なくありません。

頭金についての人気記事です。頭金に対しての概念が変わるかもしれません。

【頭金の平均額】頭金はいくら必要?ゼロでも家は買える?

「頭金は2割必要」なんて実は嘘!貯めれば貯めるほど損をする3つの理由

頭金を効率よく貯める方法【頭金ゼロの方が有利なケースも解説!】

 

もちろん、頭金を用意すると借入金額を少なくすることができるため、月々の返済額や総返済額を抑えることができます。「あった方が良いけれど、なくても問題ないお金」ではありますが、年収300万円の人が住宅ローンを組む場合、買いたい物件の価格に対して住宅ローンの借入可能額が足りないケースも多々あるかと思います。その場合は物件価格を安いものに探し直すか、頭金を用意するしかありません。「頭金を貯めている余裕はない!」という方は、親や祖父母から資金援助もご検討してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も「分かりやすい!」と人気です。ぜひ参考にしてください。

【住宅購入】親からの支援援助の平均額は?【住宅取得等資金贈与の非課税の特例】

住宅購入時に親から資金援助を受けるときの注意点

 

3. まとめ

冒頭でも述べたとおり、年収300万円でも家は買えます。ただし、買いたい物件の価格に対して住宅ローンの借入可能額が少ないこともあります。最低限の自己資金(手付金)は絶対に必要ですし、無理なく毎月返済していくには資金計画をしっかりと立てておかなければなりません。

ミツバハウジングでは、お客様それぞれにピッタリな資金計画を立て、住宅予算を算出します。予算内で希望条件に近い物件を探すこともできますので、まずはお気軽にお問い合わせください。今すぐ買うつもりはない、という場合でも大歓迎です。お話しだけでもお聞かせください。

 

[この記事を読んだ人は、こんなセミナーに参加しています]


≫ 詳細・ご予約はコチラ