新築、中古マンション、中古一戸建て、土地、不動産の購入、売却はミツバハウジング

TEL.045-828-1377 営業時間 9:00~20:00 第1第3火曜・毎週水曜定休

お問合せ 当社案内図

ホーム > 住活コラム > 不動産会社によって査定額がバラバラなのはなぜ?【高額査定の意図】

住活コラム

不動産会社によって査定額がバラバラなのはなぜ?【高額査定の意図】
お住い探し
住宅ローン

不動産会社によって査定額がバラバラなのはなぜ?【高額査定の意図】

——————–

【目次】
[1]不動産会社によって査定額がバラバラな理由
1.比較物件をどのように選ぶかによって査定価格は変わる
2.不動産会社の都合によって査定額が左右することがある
[2]不動産一括査定サイトを利用する際の注意点
1.自分で「適正価格」を見極めることが難しい
2.しつこい営業を受ける可能性がある
3.地元密着型の不動産会社が見つかりにくい
[3]大手不動産会社なら“早く高く”売れるとは限らない
1.重要なのは「提案力」「集客力」「販売力」が揃っている会社を選ぶこと
2.地元密着型の不動産会社を上手に利用しよう
[4]高額査定に惑わされないで! 相場からかけ離れた高額査定は要注意
[5]まとめ

——————–

「不動産の査定価格が会社によってバラバラなので、どこを選んでいいのか分からない」という方は少なくありません。中には相場からかけ離れた高値を提示してくる会社もありますし、逆に安すぎてガッカリ…ということも多いです。
不動産という同じ商品を扱う業種なのに、なぜ会社によって査定額が異なるのでしょうか?高額査定を提示する不動産会社の意図は何なのでしょうか?どこよりも分かりやすく解説します!

[1] 不動産会社によって査定額がバラバラな理由

はじめに申し上げますと、不動産には定価という概念はありません。査定価格は不動産会社がいくらで売れるかを目安にした数字なので、不動産会社が持つ相場感、知識量、市場の変化によって査定価格に差が出てきます。また、不動産会社の都合によっても価格が左右されることもあります。これについては後述します。

それでは、不動産会社によって査定額がバラバラな理由を詳しく解説します。

1.比較物件をどのように選ぶかによって査定価格は変わる
不動産会社が査定を行う際、公益財団法人(不動産流通推進センター)が定めた「価格査定マニュアル」を利用することが一般的です。

大手の不動産会社は独自のマニュアルを利用することもありますが、その場合もこの価格査定マニュアルに準拠していることがほとんどです。「それなら、どこの不動産会社も査定額は同じでなければおかしいのでは?」と思いますよね。同じマニュアルを利用していても、不動産会社によって査定額が異なる理由は「査定の対象と比較する物件が会社によって違う」からです。

たとえばマンションの査定をする場合、同じマンション内で成約事例があれば、その事例と比較することが普通なので、どの不動産会社でも査定価格に差は出ないかと思います。しかし、条件が似ている別のマンションから成約事例を選ぶ場合は、担当者の判断によって査定額に差が出てしまうのです。

 

2.不動産会社の都合によって査定額が左右されることがある
すべての不動産会社に当てはまるわけではありませんが、不動産会社の都合・戦略によっても査定価格に差が出ることがあります。

たとえば、インターネットの一括査定などで複数の会社に査定を依頼する場合は、自社に売却を任せてもらうために、あえて相場よりも高い査定価格を提示してくる会社も存在します。一方、売却後に買い替える予定ある場合、買い替える物件を扱う不動産会社が査定するときに「確実に売れる価格」で査定価格を提示することが多いようです。

 

[2] 不動産一括査定サイトを利用する際の注意点

査定についてインターネットで検索していると、一括査定サイトを紹介している記事をよく見かけますよね。確かに、売却する際は複数社の査定を依頼するという鉄則からいうと理にかなっているように感じますが、実際どうなのでしょうか。なかなかデメリットを挙げる記事はないようなので、ここでは一括査定サイトを利用する際の注意点について解説します。

1.自分で「適正価格」を見極めることが難しい
多くの不動産一括査定サイトは、最大6社が査定額を提示してくれます。

査定額は各社バラバラなので「どの不動産会社を信じればいいのか分からない」という事態に陥る可能性が高くなります。相場は事前に調べていても、自分の不動産の「適正価格」を見極めることは、よほどの専門知識を持った方でない限り難しいでしょう。

2.しつこい営業を受ける可能性がある
不動産会社は、仲介手数料で利益を得ています。当然、成約に至らなければ仲介手数料は手に入りません。

そのため、すぐ売れそうな不動産の場合は、何とか自社で売却を任せてもらおうと必死に営業をかけてくる不動産会社もいます。あえて相場よりも高い査定価格を提示してくる場合もあるので、つられて契約しないように注意しましょう。

3.地元密着型の不動産会社が見つかりにくい
すべての不動産会社が不動産一括査定サイトに参加しているわけではありません。

地域に特化した地元密着型の不動産会社は参加していない可能性が高いとお考えください。大手不動産会社は、都内エリアを得意としているため、地方の物件には弱いことがあります。信頼できる不動産会社が地元にある場合は、わざわざ一括査定サイトに依頼する必要はないでしょう。

 

[3] 大手不動産会社なら“早く高く”売れるとは限らない

「〇〇不動産ならCMもしていて有名だし、きっと高く売れるわよね」とお考えの方は、ちょっと危険かもしれません。では、どのような不動産会社を選べばいいのか?解説したいと思います。

1.重要なのは「提案力」「集客力」「販売力」が揃っている会社を選ぶこと
この3つがどれかひとつでも欠けている不動産会社に売却を任せると失敗するかもしれません。

まず「提案力」とは、不動産の適正価格を提示できるかです。先述したとおり、不動産会社の中には自社の都合によって査定価格をわざと高くすることがあります。売却を任せた後から「この価格では売れないから値下げしましょう」と言ってくる会社もいます。お客様のことを全く考えていませんよね。こういうのは提案とは言いません。提案力のある不動産会社なら、過去の売却データの相場をベースに、専門スタッフの知識、市場の変化を加味した上で適正価格を提示してくれます。

次に「集客力」ですが、簡単にいうと販売活動のことです。中には物件情報を広く公開せず、自社の顧客の中だけで成約を果たそうとする不動産会社も存在します。その場合は、どうしても成約が遅れがちになってしまいます。自社の顧客だけではなく、SUUMOやHOME’Sなどの不動産ポータルサイトの活用、ポスティングチラシやSNS広告、店頭展示など幅広い媒体に販売活動をしてくれる不動産会社を選びましょう。売却を開始してから3ヵ月が最大の山場です。この期間に熱心な販売活動を行うかどうかで、早く高く売れるか、売れ残り物件になるかが決まります。

そして「販売力」も大切です。どんなに魅力的な不動産でも営業マンの力が弱ければ、売れる物も売れません。中古物件の購入を希望されている方は「何か欠陥があるのではないか」と少なからず疑心暗鬼を持っています。売却する理由もネガティブなものもあるでしょう。そういったネガティブな要素をいかにポジティブに変換して購入希望者に説明できるか、買主の不安を取り除くことができるかが重要です。

この3つの力を持った不動産会社を探すのは容易ではないかもしれません。つまり、大手だからといって安心だと思うのは危険なのです。本当にこの会社に任せてよいのか、しっかり考えてから契約しましょう。

2.地元密着型の不動産会社を上手に利用しよう
「駅から遠く離れている」「築年数が古い」など、一見すると買い手がつきにくそうな条件でも、人気の学区や子育てしやすいエリアの場合はすぐに売れます。

なぜかというと、マイホームを探している方は、お子さんの学区を条件にしている方が多くいらっしゃいるからです。地元密着型の不動産会社ならそのような情報は熟知しているはずですし、「この価格なら売れる」という相場感も持っています。また、買主側も地元でしか出回らない物件が出ることを期待して、地元密着型の不動産会社に注視している方も多くいらっしゃいます。大手の不動産会社ならどんな物件でも売ってくれるようなイメージがあるかもしれませんが、どちらかというと大手は都心に強みがあり、それ以外のエリアは得意としていないケースが多くあります。あなたが売りたい物件が地元で人気エリアにあるのなら、地域密着型の不動産会社に売却を任せた方が早く買い手がつくかもしれません。

 

[4] 高額査定に惑わされないで!相場からかけ離れた高額査定は要注意

なぜ高い査定価格を出してくるのか?それはあなたの不動産を高く評価してくれたからではありません。売却を委託してもらうためです。

各不動産会社は、他社の査定価格を予想しながら査定をします。不動産会社からすれば、他社はすべてライバルです。いかに自社に注目してもらうかを重点に置きます。そして査定価格を上げ、さもこの価格で売れるようなセールストークをします。

つい高い査定価格の会社に売却を任せてしまいたくなるのが人情です。大手の不動産会社ならなおさらでしょう。「ここなら大手だし、もしかしたら高く売ってくれるのかもしれない」と期待してしまいます。それが大きな落とし穴なのです。

査定価格は不動産会社がいくらで売れるかを目安にした数字なので、必ずしもその価格で売りに出さなくても問題ありません。しかし、高い査定価格を鵜吞みにしてそのまま売り出し価格として売却をスタートしたら、どうなると思いますか?相場からかけ離れた高い価格なら、なかなか買い手はつきませんよね。そうなると不動産会社から「売れないので、価格を下げましょう」と提案されます。すると物件を探している方は「この物件は売れないから値下げしたんだな」と感じます。誰でも「売れ残り」には手を伸ばしにくいものです。「もっと待てばまた値下がりするかも」と値下げ待ちのような状態になります。最初から適正価格で売り出していれば売れ残り感を与えずに済んだのに、もったいないですよね。

他社よりも査定価格が高い理由を説明してもらい、納得できる説明があれば信用しても良いかと思いますが、あまりにも相場からかけ離れた高い査定価格を出してくる不動産会社には注意しましょう。

 

[5] まとめ

売却するなら「提案力」「集客力」「販売力」が揃ったミツバハウジングへ!

手前味噌なまとめになってしまいますが、「提案力」「集客力」「販売力」この3つが揃った不動産会社はなかなか存在しません。当社が一括査定サイトに参加しないのは、それだけ自信があるからです。地域に特化した強みを持っているだけではなく「マーケティング&広告専門チーム」が適切な媒体に販売活動を仕掛け、圧倒的な集客を行います。そして、販売力のある営業マンが売主様に代わり、売却をスムーズに進めさせていただきます。少しでも良い条件で、早く確実に売るのなら、ミツバハウジングでの売却をご検討ください。

 

[この記事を読んだ人は、こんなセミナーに参加しています]

≫ 詳細・ご予約はコチラ