新築、中古マンション、中古一戸建て、土地、不動産の購入、売却はミツバハウジング

0120-279-328

営業時間 9:00~20:00 第1第3火曜・毎週水曜定休

お問合せ 当社案内図

ホーム > 住活コラム > 希望物件が予算オーバーだったときの対処法

住活コラム

希望物件が予算オーバーだったときの対処法
お住い探し
住宅ローン

希望物件が予算オーバーだったときの対処法

——————–

【目次】
[1](はじめにご一読ください)予算オーバーしてしまう理由
[2]希望物件が予算オーバーだったときはどうする?
1.親にお金をもらう・借りる
2.住宅ローンの借入金額を増やす
3.ボーナス払いをする
4.共有名義にする
5.頭金を貯蓄する
[3]まとめ

——————–

たくさんの物件を見学して、やっと理想の物件を見つけたものの、想定していた金額よりも予算オーバー!というケースは珍しいことではありません。本来なら、予算の範囲内で物件探しをするべきですが、せっかく良い物件を見つけたのに諦めきれない…という方もいらっしゃるかと思います。

そこでこの記事では、希望物件が予算オーバーだったときの対処法を解説します。

[1] (はじめにご一読ください)予算オーバーしてしまう理由

「住宅予算」を考えるより先に、物件探しからスタートしていませんか?

不動産サイトで物件検索をし、気に入った物件を見つけ、いざ資産計画を立ててみたら予算オーバーだった…ということはよくあります。

予算をオーバーしてしまう原因として、多くの方が「住宅予算」を考えるより先に物件探しからスタートしていること、住宅予算内で買える物件よりも少し上の条件の物件を選ぶ傾向にあるということが挙げられます。少しでもより良い物件を!という気持ちはよく分かりますが、まずは自分がいくらの家が買えるのかしっかりと把握した上で物件探しをすること、そして「住宅予算内で希望に近い物件を探す」ことを前提としてこの記事をご一読いただけますと幸いです。

[2] 希望物件が予算オーバーだったときはどうする?

1.親にお金をもらう・借りる
親から受けた住宅資金の贈与は一定額まで非課税になります

通常、親や祖父母からお金を受け取ると贈与税がかります。ただし、1年間に受け取ったお金の合計額が110万円(基礎控除額)以内であれば贈与税はかかりません(暦年課税)。贈与税の申告も不要です。

さらに、マイホームの取得、新築、増改築のための資金を親や祖父母(直系尊属)から援助してもらう場合は「住宅取得等資金贈与の非課税」という制度を利用できます。確定申告をする必要がありますが、要件を満たしていれば700万円まで非課税、そして110万円の基礎控除と併用できるので、合計で810万円まで贈与税がかかりません。詳細につきましては国税庁のホームページをご確認ください。住宅取得等資金の贈与を受けたとき

ちなみに「親からお金を借りる」場合は要注意。無利息で借りる場合や返済日を決めずお金があるときに返済する方法は、贈与とみなされ贈与税がかかる可能性があります。

親からお金を借りる際は以下のポイントに注意をしましょう。

1.金利、返済期間、返済方法などを決め、借用書を交わすこと
2.借用書の条件通りに返済すること
3.返済は銀行振り込みにして、通帳に記録を残すこと

2.住宅ローンの借入金額を増やす
金利1.2%・35年返済の場合、毎月の返済額を1万円増やせば借入額を約340万円増やすことが可能です。

「340万円貯蓄しなさい」と言われたら難しいように感じますが、月1万円の場合はどうでしょうか。家計を見直せば払えない金額ではないように感じますよね。

通信費や嗜好品など普段何気なく払っている費用を見直してみてください。節約できる費用がなかったとしても、家計を見直す習慣を身に付けておくのは損ではないですよ。

3.ボーナス払いをする
ボーナス払いで+10万円を返済金額に加算した場合、借入金額は500万円増額できます(金利2%・35年ローンの場合)

ただ、ボーナスは業績によって減額、支給されない可能性があるので注意が必要です。将来ボーナスの支給がなくなった場合、貯蓄から返済にあてるか、月払いのみのプランに変更しなければなりません。ボーナス払いをしたいけど不安な方は、総借入額のうちボーナスから返済する金額を1割程で設定しておくことをおすすめします。

4.共有名義にする
夫1人で住宅ローンを組んだのでは希望物件に手が届かない場合に、共有名義にするという手段があります。

共有名義とは、不動産の所有権をもつ割合のことをいいます。たとえば、マイホームを購入する際に夫婦でお金を出し合った場合、所有権は旦那さんと奥さまふたりにあるということになります。たとえば3,000万円の物件を共有名義で購入するとします。旦那さんが2,000万円、奥さまが1,000万円を支払った場合、この不動産の持ち分は「旦那さんが3分の2」「奥さまが3分の1」となります。共有名義にするメリットは、住宅ローン控除を二重に受けられること、不動産を売却する際に特別控除を二重に受けられること。その反面、不動産の持ち分が夫婦別々にあるため、お互いの承諾がないと売却できないという点がデメリットとして挙げられます。そして、万が一離婚することになった場合、売却をめぐってもめる可能性もあります。

5.頭金を貯蓄する
頭金が多ければ多いほど借入金額を少なくすることができるため、買える物件価格の範囲が広がります。

年収400万円を例に具体的な数字を見てみましょう。

頭金 なし 100 200 300 400 500
借入限度額 2,506
購入限度額 2,405 2,505 2,605 2,705 2,805 2,905

                                   (単位:万円)35年ローン・金利2%

上図を見ると、頭金なしと500万円用意した場合の差額は500万円。頭金があれば、買える物件価格の範囲が広がることが分かります。買える物件価格をアップさせたいのであれば、頭金を用意することは得策といえますが、必ずしも正解とは言い切れません。頭金が貯まるまでの間、“希望物件が残っている保証”も、貯まったタイミングで“希望物件が都合よく現れる保証”もないのです。そして、頭金を貯めている間に買主は歳をとっていきます。歳を取れば取るほど住宅ローンの返済可能な期間は短くなっていきます。返済期間が短くなるということは、月々の返済金額が増えるということです。お若い方ならよいですが、高齢の方は早めに住宅ローンを組んで返済にあててしまった方が得策の場合もありますのでご注意ください。

買える物件価格をUPさせる方法、上限予算について知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

「買える物件価格」をアップさせる“安全な”方法

私の年収で、いくらの家を買える?「上限予算」と「支払い希望予算」を知ろう!              

[3] まとめ

予算オーバーのときの対処法はいくつかありますが「住宅予算内で希望に近い物件を探す」ということが大前提!

今回の記事では、希望物件が予算オーバーだったときの対処法を解説しましたが、記事内でも述べたとおり、「住宅予算内で希望に近い物件を探す」ということが前提です。予算オーバーだけど絶対この物件じゃなきゃイヤ!という場合は、今回ご紹介した対処法を参考にしてみてくださいね。でも、予算内で考え直してみるのも悪くないですよ。たとえば、駅から徒歩10分の条件を13分にするだけで、予算オーバーだった物件に近い条件なのに予算内に収まることは多くあります。もしかしたらこっちの物件のほうがいいかも…ということも十分に考えられます。柔軟に考えてみてくださいね!

 

[この記事を読んだ人は、こんなセミナーに参加しています]

≫ 詳細・ご予約はコチラ